This Gift Is A Curse + SeeK split

by This Gift Is A Curse, SeeK

/
1.
2.
3.
4.
5.
02:00
6.
7.

about

大阪のStubborn Father等と共に関西大阪にて黒く重い音の塊を研ぎ続けるSeekが、スウェーデンから登場しSEASON OF MISTと契約も果たし今北欧メタルシーンで人気急上昇中のバンドTHIS GIFT IS A CURSEを招きジャパンツアーを敢行する。1st以降、ブラックメタル的なシーンで語られることの多いTHIS GIFT IS A CURSEだが、混沌を極める楽曲でも音の鋭さは常に全面に押し出されており、ジャンルは違えどCURSEDにも通じる切れ味と芯のあるハードコアさを失わない。また今回のTHIS GIFT IS A CURSE側の歌詞に関しては3LAでもおなじみllasushi氏による対訳付き。バンドとして初の日本盤となる本作で歌詞に込められた彼らの内面的な部分にも是非注目してみてほしい。一方のSeeKも前作「崇高な手」(2013年)から実に4年ぶり、Altar of Complaints、Stubborn Father、Thetanらとの4wayスプリット12inchも同時期の2013年の制作だったとのことで、久しぶりの音源リリースとなる。演奏陣も新たにギタリストが加わり、1ギター+2ベース編成で更なるヘヴィネスを追求しており、楽曲面でもその変化は表れ始めている。バンドとしては珍しいブラストビートも組み込まれるなどの新たな要素も面白いが、特にスロウパートで見せる1音1音が重い鉄球のように襲いかかってくる様は圧巻。ドゥーム、スラッジとはまた異なる質の重さは彼らが既に特定のジャンルで説明できない領域に足を踏み入れていることを意味する。2017年には初のフルレングスアルバムのリリースも予定しており、遂に全貌を見せつつあるSeeKの音世界の鱗片を垣間みる事ができる。来日を記念して制作された本スプリットCDはTHIS GIFT IS A CURSEは過去作品の別ミックス4曲、SeeKは完全新曲の3曲となっており、3LAからリリースされたSWARRRM「20year chaos」でも担当したM4 II studio稲田氏がマスタリングを手がけ両者の暗黒サウンドの塊を最も凶悪な形に仕上げている。

credits

released April 28, 2017

label info:
LONG LEGS LONG ARMS (3LA-019)
longlegslongarms.jp
Akihito & Yass
Japanese lyricize by llasushi
info@longlegslongarms.jp
www.facebook.com/3LAdisc/
longlegslongarms.bandcamp.com

tags

license

all rights reserved

about

LongLegsLongArms Records Tokyo, Japan

contact / help

Contact LongLegsLongArms Records

Streaming and
Download help